ご挨拶

2007年2月、航空機と同じ素材でできている水中翼船タイプのグラスボートを、世界で2番目に導入し開業しました。
大きな楕円形のガラスを通して見る海中は、まさに動く水族館というイメージです。小さなお子様やご年配の方、また、海に入るのはちょっと苦手という方々等にもパラオの素晴らしい海を安心して気軽に楽しんでいただきたいと思います。
クルージングと供に、パラオの海、パラオと日本の係わり、その他興味深い内容を盛りだくさんにお話をしをさせていただいております。
お陰様で、2014年3月には、開業以来10,000人目のお客様をお迎えしました(団体様を除)。今後も、より多くの皆様にパラオの魅力を知っていただき、パラオのファンになっていただくよう、スタッフ一同、一丸となって邁進してまいります。

経営理念

・常に、お客様の視点に立ち、最善を尽くす。
・常に、社名 『マジカル メドゥー』 の精神を忘れずに。

社名『マジカル メドゥー』の由来

バベルダオブ島の沖にある島に老婆が住んでおりました。
彼女には息子がいましたが、いつも旅に出ており家には滅多に帰ってきません。
島の男達は漁に出ても、獲れた魚を彼女には一匹もあげません。そこで、彼女は毎日庭のパンの木の実ばかりを食べていました。
そんなある日、久しぶりに家に帰った息子は、その状況に同情し、庭のパンの木の枝を切り、再び旅に出て行きました。
すると、海で大波が起こる毎に、切り口からたくさんの魚が飛び出してきました。
村人はそれを妬み、彼女のパンの木を切り倒してしまいました。
すると、切り口から海水があふれ出し、とうとう島は沈んでしまいました。
今でも付近の海底を覗いて見ると、切り倒されたパンの木が見えるそうです。

~ パラオの民話 【魔法のパンの木】 より ~
「皆で助け合って仲良く暮らしましょう」 というお話です。
“Meduu” とは、パラオ語で “パンの木” という意味です。
当社のグラスボートで海中を覗いてみませんか。
ひょっとしたら、その”魔法のパンの木”が見えるかもしれません!?

会社概要

会社名 マジカルメドゥ-カンパニ-
所在地 マジカルメドゥ-カンパニ- パラオ・ロイヤル・リゾート1F
連絡先 TEL:+680-488-2000内線225/+680-779-3042(日本人スタッフ携帯)

スタッフ紹介

井上

井上

general manager、ガイドもこなします。優しい語り口でパラオの歴史から、海中世界について幅広くお話しさせていただきます。

アキコ

アキコ

パラオ在住日本人の中で最も明るいガイドです。

フミオ

フミオ

開業以来のオペレーター。少々恥ずかしがり屋ですが、ポイントをしっかり押さえてます。